2012年12月11日

サプライズプロポーズ~♪しました。

昨夜は、とても素敵な夜になりました。


私は昨夜、交際三か月のカップルに夕食を誘われていました。


彼女から「禮場さん一緒に晩御飯食べませんか?!」と、誘われ


彼女は「ワシントンホテルで5時半にお待ちしています」と


そこで私は、彼にメールをしました。「サプライズプロポーズをしませんか?」


彼は「お願いします!」


私はワシントンホテルの都築さんに、チャペルを開けていただけるようにお願いしました。


快く協力を申し出てくださり、準備は整いました。


そういえば、花がいる叫びブーケ1


そう思うと、米子駅前の商店街を歩いて花屋を探しました。


笑い通りにある花屋さんに入ると「今日はバラの花が無いんです・・」


でも、そこにあったのが

自営業・結婚相談所の16年目(日本仲人協会鳥取支部)

ブリザーブドフラワーでした。彼女のイメージにもピッタリで これだ!と、思いラッピングをしていただきました。


そして、4時半彼が私の事務所に来ました。


2人でワシントンホテルに行き、プランナーの井上さんと作戦会議


チャペルを開けていただき、彼がスタンバイ男の子

自営業・結婚相談所の16年目(日本仲人協会鳥取支部)
ホテルのロビーで私は彼女を待ちました。

私の読みの通り、しっかりものの彼女は5時10分過ぎに来ました。


私は彼女に「彼がまだ来てないから、チャペルを見せて頂けるようだから、見よう!」って話すと


彼女は「○○さんが来てから、一緒に見たいです」と・・・ドクロ

私はすかさず「彼ほっといて、二人で先に見よう」とにひひ


彼女は「そうですね~」

私は心の中で「よーーーしゃ!」とアップ


階段を上がり

チャペルのドアを開けると、そこには花束を持って彼が

自営業・結婚相談所の16年目(日本仲人協会鳥取支部)

彼女は「え~ぇぇどうしたん」


彼がにこにこしながら、手招きしています


私たちはここまで・・・・ドアを閉めて二人に・・・。


中から「嬉しそうな話し声とともに、有難うという彼女の声が聞こえました」


ドアを開けると

自営業・結婚相談所の16年目(日本仲人協会鳥取支部)

2人の幸せな笑顔があふれていました。


凄く感動的で、この場にいられる幸せ感を私も頂きました。


その後ホテルの「銀座」で美しい夜景を見ながら食事をご馳走になりました。

自営業・結婚相談所の16年目(日本仲人協会鳥取支部)

昨夜、彼からメールが

「自分では今日のような演出を思いつくのは無理なので大変感謝しています」


彼女からは

チャペルの中で彼が花を手にして待っているなんて全く想像してなくて、ドラマか映画の一場面みたいでした。ビックリ、のち嬉しい楽しい、喜びがあとから沸々と沸き上がる感覚でした!

彼は満面のニコニコ笑顔でプロポーズしてくれました。

9月に初めて出会った時と同じ優しい柔らかい笑顔でした


素敵な○○さんと巡り会うご縁があったのも禮場さんが米子に事務所を開いて下さったからだと思います。 


クローバー                 クローバー


こんなに喜んでくれて私は本当に幸せです。


そして、こんなカップルを沢山作りたいと思います。


鳥取の婚活中の皆様・米子・関西・・・全国の婚活中の方


禮場に任せてね~~チョキ


自営業・結婚相談所の16年目(日本仲人協会鳥取支部)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TWITTER TWITTER

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る