2017年5月12日

会いたい人に出会うためには

最近会員さんが写真館で撮影された写真を持ってこられる場合があります。

 

 

 

横を向いてぎろっと横眼の写真

 

 

 

遠目で顔が分からない写真

 

 

 

背景が真っ黒だったり、金色だったり

 

 

 

ノーネクタイだったりしますが

 

 

 

 

正直お見合い写真には向きません。

 

 

 

でも、会員さんは写真館の人が「最近の流行り」ですと言われたので撮影しましたといいますが

 

 

 

お見合い写真は「会ってみたい!」そう思わせないと意味がないのです。

 

 

 

背景が真っ黒なのは不気味です”(-“”-)”

 

 

 

横向きで目がぎろっと白目をむいていると会いたいなんて思いません。

 

 

 

 

どんなお見合い写真がお見合いが出来るかは、毎日現場でお見合いを組んでいる私だからわかるのです。

 

 

 

写真1枚でお見合いが出来るかどうかの瀬戸際なのです。

 

 

 

良くこういう人もいます「写真と違ったらあったとき相手ががっかりしませんか?」

 

 

 

なら、お見合いも出来なくていつまでも結婚できなくてもいいのですか!

 

 

 

写真と多少違っても間違いなく本人です。

 

 

 

会いたい人とお見合いして、話をするチャンスを潰さないために写真に私は拘ります。

 

 

 

先日も40代の男性が関西の可愛い女性のお見合い写真を気に入りお見合いをしました。彼は

 

 

 

「禮場さん、正直写真とは違っていて最初はがっかりしました、でも、話しているうちにそんなことはもうどうでもよくなり、この人いいなぁ~」とすっかり虜になりました~(^^)/

 

 

 

 

そう話してくださり、先月成婚されました。

 

 

 

写真が良くなければ彼は会っていないと思います。

 

 

 

 

私の会員さんは交通費1万円かけても大阪までお見合い写真を撮影に行ってます。

 

 

 

 

もっと、地元でこうした写真館があればよいと思うのですが・・・・・。

 

 

 

どうぞ、写真館の言いなりにならないでください。

 

 

 

 

自分を良く見せるための写真を撮影してくださいね。

 

 

 

 

私の提携先の梅田のセルフイツトの写真(パンフレット掲載)を参考までに載せておきます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TWITTER TWITTER

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る