2019年6月7日

壮絶な戦い

結婚相手はご両親にも親族にもお祝いして頂けるような相手が一番なのですが

 

 

その家々の考えや、つり合いがありお互いが良くても家族の反対にあう事があります。

 

 

もう、随分前の話で、私が結婚相談所を始めたころの話です。

 

 

二人が見合いをして恋に落ち、でもご両親の反対がありました。

 

 

家柄が違う!

 

 

女性の家は家族が皆さん大卒で公務員一家

 

 

彼は、ご両親が離婚して、彼は妹二人を大学に行かせるために義務教育を終えると就職しました。

 

 

そして、一家の柱となり、体の弱い母親を支えていました。

 

 

そんな二人を女性のご両親が猛反対して

 

 

彼女を毎晩叱ります、別かれるように言います

 

 

彼女のお母さんから毎日何十回も私も℡を貰いました。

 

 

「禮場さん、別れさせてくれないと私はこれから首を吊ります」そう言われて

 

 

飛んで家に行ったこともありました。

 

 

ご両親の気持も分かります。

 

 

でも、彼女はその直後に「私は彼がいなければ生きている意味がないから」と遺書を書いて自殺を・・・。

 

 

幸い、お母さんの発見で命を取り停めましたが・・・。

 

 

もう30分遅かったら間に合わなかったと医師から告げられました。

 

 

そのあと、ご両親がやっと彼に会いたいと言ってくれて、私は、彼と一緒に彼女の家に行き、彼とご両親が話をしました。

 

 

彼の誠実さや、優しさに触れ

 

 

お父さんが「君に会わずに反対して申し訳なかった、娘の花嫁姿が見たい」そう言ってくれました。

 

 

あれから、このおあたりには二人の子供が出来、彼女の弟に変わり、彼が彼女のご両親の面倒を見ました。

 

 

彼女のご両親のすぐ近くに新築してご両親の介護をされたのです。

 

 

最近このご両親が亡くなりました。

 

 

ご夫婦が1週間違いで旅立ちました。

 

 

先々の結果は分からないけど、こんな時はご両親の気持もよくわかります。

 

 

本人たちの苦しみもよくわかります。

 

 

上手く行くかどうかなんて、誰にも先のことは分かりません。

 

 

こんな時はどうしたら良いのでしょうね~

 

 

最近、このご両親が亡くなったことを知って

 

 

思い出したのです。

 

 

あの時の壮絶な戦いを・・・。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TWITTER TWITTER