2017年8月3日

強がり

おはようございます。

 

 

今日は右足首骨折の手術日です。

 

 

 

 

ここ、何十年も寝込んだことのない私が

 

 

 

盆、正月以外は休まない私が

 

 

 

こうして、病院のベッドにいる。

 

 

 

こんな日が突然やって来るのです。

 

 

 

一人で生きていける

 

 

 

そう思っている貴方!

 

 

 

現実はそう甘くない

 

 

 

親はいつか自分より先立ちます。

 

 

 

いえ、親の介護も

 

 

 

一人でするより、二人でたすけあってした方が、精神的に楽なのです。

 

 

 

そして、自分が病気や怪我をしたとき、側で[大丈夫]と、支えてくれる人が、いるのと、居ないのでは、随分違います。

 

 

 

[私は大丈夫!年収もあるから]と、強がり言わないで

 

 

 

辛いときや悲しいとき、話を聞いてくれる夫や妻や子供がいると、どんなに、有難いでしょう。

 

 

 

お一人様!!  と、言う言葉があり

 

 

 

なんか、カッコ良さをかんじますが

 

 

 

元気な時は良いけど

 

 

 

何時までも元気とは限りません。

 

 

 

ふっと、思い出したのが、67才の男性が孤独死をして、警察から私に連絡があったことがありました。

 

 

彼は数度、私の主催の婚活パーティーに参加したことがあり、

 

 

 

彼のバックに私の名刺があり、唯一私が彼の知り合いだからと、

 

 

 

彼の身元引き受け人となり、遺体を引き取って欲しいと…

 

 

さすがにそれは出来なく、申し訳なかったけどお断りをしました。

 

 

今でも彼がどんな気持ちで亡くなったか想像すると…辛いですね!

 

 

一人では生きられない

 

 

 

強がりやめて

 

 

 

結婚考えよう!

 

 

 

どうせダメだからと諦めないで

 

 

 

頑張ってみませんか、

 

 

 

泣いたり、笑ったり一緒に話せる家族を作ろう

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TWITTER TWITTER

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る