2015年6月25日

成婚者A様からのメッセージ

長らくお世話になりました。おかげさまでこのたび、プロポーズを受けて頂けました。

 

 

電話の話題の中心が今後の共通の目標に切り替わり、相談のやりとりが新鮮というか、気持ちが引き締まるというか。寝起きに、仕事のふとした合間に「こういう日が来るとはなぁ」と思うことしばしばです。

 

 

婚活パーティーに参加してもカップル成立にならない。稀にお付き合いに発展しても数度のデートでお断りされてしまう―いわゆる婚活弱者の自分が結婚できるのか?全くもって半信半疑でした。しかし、禮場さんにお会いすることができて徐々に変わっていけたのだと思います。

 

 

もっとも人間、そう易々とは変われません。気づきを得るにはそれ相応の痛み、苦しみを伴うものだと思います。婚活は傷ついてナンボ。痛い経験は磨き砂なのかも。禮場さんには、幾度となく叱咤激励を頂きました。大事なところでは睨みをきかせた沈黙、次の瞬間、反転して爆笑―硬軟自在の面談カウンセリングに元気をもらって帰る日々だったなぁ…と思います。

 

 

信じておまかせした甲斐あって、大らかで寛容で、“めったに居ない”と思える彼女と出会うことができました。至らぬ自分ですが、お互いに尽くし合って、歩いていきたいと思います。ありがとうございました。

 

 

「私のところで成婚したカップルは、退会しても色々と相談に乗るから」と仰ってくださいました。本気の会員には本気で応えてくださる“めったに居ない”仲人士さんだと思います。長らくお世話になりました。本当にありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TWITTER TWITTER

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る