2020年1月19日

生きていくのはつらい・不妊治療と費用!

10年前に結婚した会員さんが顔を見せてくれました。

夫は50歳・妻は40歳

夫は介護職・妻はパート

夫婦はアパート暮らしです。

どうしても子供が欲しくて、不妊治療専門の病院へ行ったそうです。

今までは生活にゆとりもなく、子供なんて考えてこなかったそうですが

いや、子供ができても生活できないと思っていたので

子供が欲しいなんて二人で話したこともなかったそうです。

だって、生活がギリギリで「子供が欲しい」というと、生活が苦しいのに

そんなことを言うと相手を傷つける、お互いに考えていたそうです。

でも、ふとはしたことから、触れてはいけない「子供が欲しい」を話したのです。

で、不妊治療専門の病院へ夫婦でいかれたのです。

そこで自然妊娠は難しいけど、体外受精なら二人の子供が授かるかもしれないと

検査結果が出たのです。

でも、そこで驚いたのが、費用です

1回で成功しても高額な費用

助成金はあるが10万くらいなので、はるかに足りない

1回でダメなら…2回・・・

費用面で、夫婦で話し合って諦めました!

そういう奥さんの目からは大粒の涙が・・・・。

お金さえあれば、二人は子供が持てるかもしれない!

これだけ少子化対策を言いながら、国は何しているのか!

不妊治療の費用は助成金ではなく、無料化にするべきです!

特に低所得所帯には!

このご夫婦のように、日々真面目に働き

一生懸命働いても介護職で収入が少ない・・。

このような人に、国は救いの手を差し伸べないのかと

夫婦の涙を見ながらとても残念に思いました。

生きていくのは大変で

辛いことも多いですね~

だから、生きている人たちは、生きているだけで立派なのです。

そう思う一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TWITTER TWITTER